2012年10月23日

やっぱりリプサリス。

rhipsalis_cereoides2.jpg
サボテン科 Rhipsalis cereoides リプサリス・ケレオイデス

学名は「柱サボテンっぽいリプサリス」と言ったところか。
三稜の短い茎節を連ねる珍妙極まるリプサリスなのだが、花に関しては他のものと大差がない。
近縁のLepismium属だったら赤やオレンジ色もありカラフルになるのだが。


posted by あるびの at 11:42| 石川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 園芸日記。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。